企業理念

人の可能性を伸ばすためのソフトウェアを作る

経営方針

以下の方針にしたがって経営を行います。

・健全な事業をやる
社会の役に立つ事業をやる。フェアな商売を公明正大に進める。無知につけこむとか、射幸心や恐怖をあおるとか、法律の抜け穴をつくような商売はやらない。

・まだ世の中にないものを作る
ありきたりで安易な事業はやらない。これまでになかったものを新しく作ったもの、あるいは既存のものを新しく再定義して作り変えたものを基礎に置いて事業をやる。

・儲かる事業をやる
事業をやる以上は、一定の儲けがなければ、経営的な打ち手の幅も狭くなり、十分な給料を払うことも働きやすい会社を作ることもできない。工夫次第で十分な利益が確保できる事業をやる。同じ理由で、大きさよりも強さを重視する。まずNo.1を取れる分野で戦うこと、収益性の高さを重視する。自分たちがそのセグメント全体を牽引していく。その上で強さの基礎とするための大きさも追いかけていく。

価値観

以下の価値観に基づいて、普段の業務に携わります。

・常に頭を使って働く
価値観の基礎となるもの。もっとレベルの高いやり方、もっと効率的なやり方、もっとラクな方法、もっと楽しいやり方、もっと柔軟性のある方法、よりお金のかからないやり方を常に考える。

・楽しく健全に働ける工夫をする
いいリズムで働く工夫をする。(時間的リズムとか「インプット、アウトプット、フィードバック」のリズム)心身にかかる負担を減らしつつ同じレベルのアウトプットを出すにはどうしたらいいか考える。新しい考え方、技術、製品、サービスをどんどん試していく。ただしそれらが目的化しないようにする。
ハードワークはまず頭でやる、心身への過度な負荷をかけ続けることはしない。長時間働くことを常態化しないたまに無理をすることがあってもそれはあくまで例外。努力や気合いは最後の一押しのために取っておく。

・レベルの高い仕事をする
製品開発、カスタマーサポート、マーケティング、バックオフィス…どの分野でも高いレベルで仕事をする。そのためにも常に新しいことを学び続けることを忘れない。